どうも、しょみです。

 

早速ドメインの種類とメリット・デメリットについて説明していきます。

ドメインとは

ドメインとは、ネット上でいう「住所」のようなものです。このドメインにこのサイトがありますよと、インターネット上でお知らせしているんですね。

 

例えば、ヤフーの場合、

 

http://www.yahoo.co.jp/

 

というURLがあるじゃないですか。このURLの「yahoo」の部分がドメインです。

 

このサイトで言えば、URLは http://shomi03.com なので「shomi03」がドメインです。

 

もちろん、無料ブログにもドメインはあって、

seesaaブログなら、

http://○○○.seesaa.net/

 

fc2ブログなら、

http://○○○.blog.fc2.com/

 

という感じで、「seesaa.net」「blog.fc2.com」の部分はそれぞれ変わらずに、

ユーザーが決めたIDによって○○○の部分が変わってきます。

 

・無料ブログは、すでに用意されているアパート・マンションの1室を借りるイメージ。

・独自ドメインサイトは、自分だけのお家を建てるイメージ。

 

こんな風に思っても大丈夫かと。

独自ドメインの種類

独自ドメインは以下の3つの形式があります。

 

・トップドメイン
http://shomi03.com

↑独自ドメインで運営しているサイトによく見られる形。

 

・サブドメイン形式
http://aaa.shomi03.com

↑トップドメインの手前に文字列が入る形をサブドメイン形式と言います。前述したシーサーブログやfc2ブログも

 

http://○○○.seesaa.net/
http://○○○.blog.fc2.com/

 

となるので、サブドメイン形式です。

 

前回の記事で無料ブログは独自ドメインサイトに勝てないと書きました。このサブドメイン形式になると、トップドメインよりも弱くなります。

 

ディレクトリ形式
http://shomi03.com/aaa/

↑トップドメインの後ろに「/」(スラッシュ)、それから文字列が入っている形をディレクトリ形式と呼びます。

 

アメブロのドメインはディレクトリ形式ですね。

http://ameblo.jp/○○○/

 

ディレクトリ形式も、トップドメインよりは弱くなります。

サブドメイン型とディレクトリ型ドメインを使う理由

サブドメイン型とディレクトリ型はトップドメインに比べて弱いと説明してきましたが、それならなぜ、サブドメイン型、ディレクトリ型を使うのでしょうか。

 

それは、費用を抑えるためです。

 

ドメインは、ドメインを販売している会社から購入するのですが、年間大体900円前後かかります。

 

もし、100個ドメインを契約した場合、ドメイン一つの価格を900円で計算すると、年間で90,000円の費用がかかってきます。

 

それがサブドメインやディレクトリを使えば、一つドメインを契約するだけで、無限にドメインを増やす事ができます。(運用するサーバーにより、サブドメインを作れる数には上限がありますが)

 

例えば。ダイエット、車、観光のサイトをそれぞれ作っていこうとして、

 

kuruma.com
diet.com
kankou.com

 

とそれぞれのドメインを契約した場合、料金は契約したドメインの数だけかかります。

 

が、あなたが「test.com」というドメインを契約しているとして、一つのドメインだけを使ってサブドメインで運用していこうと思った時に

 

kuruma.test.com
diet.test.com
kankou.test.com

 

の形をとる事ができるので、一つのドメイン料金で、いくつものサブドメイン形式で運用していく事ができます。

 

一見、ドメインのコストを抑えられて色んなジャンルのサイトが運営できるなんて素晴らしい!と思うかもしれませんが、何度も言っているように、サブドメイン型やディレクトリ型ではトップドメイン型には勝てません。

 

せっかく更新を頑張ってサイトを育てていこうと思っても、他のトップドメインで運用しているライバルサイトに勝つ事ができず、伸び悩んで報酬が頭打ちになってしまいます。

 

稼ぐ目的ではなく、単に自分の趣味の発信など、ただサイトを持てればいいという方はサブドメインやディレクトリ型でもいいのですが、サイトを上位表示させて稼ぎたいという方はトップドメインで運用していきましょう。

 

ちなみに。

 

ヤフーなどはサブドメイン型で運用しているじゃないか!と言う方もいるかもしれませんが、あれは膨大なコンテンツ(記事やサービス)を運用できる企業だから強いんです。

 

個人レベルで稼ごうと思った場合、「トップドメイン一択」となります。

 

繰り返しになりますが、稼ぎたい気持ちがあるのであれば、多少ドメインにお金を払ってでも、トップドメインで運用していきましょう。

 

このあたりは、投資意識があるかどうかです。

 

なんでもお金をかけずに無料で済ませたいという考えでは、大きく稼ぐ事はできませんので^^;

 

ネットビジネスの関連記事
  • トレンドブログの記事タイトルの作成方法!基本のつけ方をマスターしよう
  • トレンドブログのサイトタイトルのつけ方は?オススメとNGはコレ!
  • アドセンスで月にいくら稼げるようになる?10万〜100万円以上も可能?
  • MacBookProのキーボードをWindowsと同じように使う!変換方法教えます
  • ワードプレスのテーマでアドセンスにオススメはコレ!無料で使えます!
  • 図解で簡単!エックスサーバーにワードプレスを自動インストールする方法
おすすめの記事